読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27年ぶりに母校の学食をいただく

f:id:rideinblue:20161013135543j:plain

パネルディスカッションに参加するために母校に訪れる機会に恵まれた。

毎日近くを通勤で通っても、用事がないので敷地に入ったことは1度あったかどうだか。

一番大きな第1食堂でランチをする予定だったけど、土日はお休みなのね・・・。 

 

キャンバス内、向こうの方に第2食堂の営業中の幟を見つけたので向かう。

f:id:rideinblue:20161013135544j:plain

あいにくの雨、土曜日の1時過ぎは人気も少なく寂しい様子。

今も変わらないこの建物に入るのは卒業以来だから、25、いや27年ぶりだ。

当時、左が普通の食堂、右がカフェだった。

教育学部の隣にあるため女子が多く、なんとなく落ち着かなかった記憶がある。

カフェは特にそうで、利用した記憶が殆どない。入り口の自販機で初めてティーロワイヤルを飲んでまずかったことだけはやけに覚えている。

当時のカフェはベイカリーとなっているが今日は閉まっていた。

 

カフェテリア方式の食堂でしばし迷って、メインと小鉢を決めた。

f:id:rideinblue:20161013135545j:plain

鶏照り焼きおろしダレ、秋の野菜3種盛り小鉢に、ご飯と味噌汁で506円(税込み)。

ベースは作り置きだけど、どれも優しい味付けで美味しい。学生はいいな。

 

市長の基調講演とパネルディスカッションで半日座りっぱなし。

腰に負担が大きくギックリが悪化した・・・。