読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳のはなし。ここ数年使ってきたもの編

f:id:rideinblue:20161127123324j:plain

数年前から自分で手帳を選ぶようになった。
それまではもらったものとか、適当にメモ帳使ってみたり・・・

今までの手帳(と言ってもダイアリー)をあらためて見返してみる。

 

2014年 初めてダイアリー手帳を真剣に選んだ

滑り出しはPersonal Planningというダイアリー。

英単語やセンテンスが覚えられるというもの。
プライベート用として使い始めた。

 

しかし2月にこの手帳を知り乗り換える。クオヴァディス。
内容はほぼ仕事。元々プライベートで手帳使うなかったし。 

f:id:rideinblue:20161127123325j:plain

色々種類のある中で選んだのは、週間バーチカルでメモ欄が多く紙地がクリームの、
Excutive Notes 2014
16×16cm、スクエアサイズのダイアリー。

 

f:id:rideinblue:20161127123332j:plain

一日の下欄はメモスペースがない代わりに、毎時の縦はちょっと広い。
週末は小さく、左ページの大半はフリーノート。

 

f:id:rideinblue:20161127123333j:plain

今見ると中途半端な日本語化だ。
日本の祝日には対応しつつ海外分も記載されてインターナショナル。

 

 

2015年 翌年もやはりクオヴァディスを使った

海外出張の時に見つけて購入したのは、

Executif Prestige S 2015

f:id:rideinblue:20161127123326j:plain

パリのプランタンで思わず購入。価格は日本よりちょっと安いくらい。

 

f:id:rideinblue:20161127123330j:plain

リング綴じなのでしっかり開いて便利だった。

週間バーチカルは同じだけど、日々のスケジュール欄のサイズが少し変わってる。
幅が広がり縦が狭くなって、下に空欄ができた。
土曜日までは同サイズ。

 

f:id:rideinblue:20161127123331j:plain

狭くなった右ページのノート欄には、所々のページに可愛いイラストが描かれている。
でもイマイチ意味がわからない。

 

日本にはないバージョンで張り切って使い始めたけど、さすがフランス版。

使ってみると戸惑うことも多かった。

 

まずは・・・

曜日がフランス語なのでわかりにくい。

f:id:rideinblue:20161127123328j:plain

Lundi 月曜日、Mardi 火曜日、Mercred 水曜日。
Luna→月、Marse→火星、Mercury→水星、と、思えばまぁ。
惑星に対応しているのは分かりやすいか。
そう思うと英語の方の意味はなんだろ?

 

巻末にはフランスの県地図。

f:id:rideinblue:20161127123327j:plain

 

 

そして、さすがワインの国、

f:id:rideinblue:20161127123329j:plain

国内各産地のヴィンテージチャートも掲載。(2015年版は2012年まで)

 

パリをはじめ国内主要都市の地図にパリのメトロ路線図。

f:id:rideinblue:20161127123338j:plain

f:id:rideinblue:20161127123339j:plain

これがあれば地下鉄に乗っても迷わない。かも。

 

 

ちなみに、

f:id:rideinblue:20161127123336j:plain

2014年に2月までしか使わなかったパーソナルプランニングダイアリー。
週間ホリゾンタルっていうのかな。

 

 

2016年 ほぼ日手帳に乗り換え

2年間、週間タイプを使ってみた。クオヴァディスはかっこいい。
でも、もう少し自由に記入できるスペースが欲しい。
かと言って、書くことない日もあるだろうし、
白紙のスペースが多くなるのは精神的に嫌だ。

f:id:rideinblue:20161127123334j:plain

そこで、それなりのリサーチの結果、
1日1ページのほぼ日手帳が良さそうに思えた。
左はスケジュール、右はフリーメモ。
サイズは大きすぎないオリジナルを選んでみた。

 

f:id:rideinblue:20161127123335j:plain

方眼は4mmと一般的なものより小さい。

 

ほぼ日にして、去年までと手帳の使い方が違ってきた。

もともとスケジュールはGoogleカレンダーでも管理をしている。
それをこっちの見開き月間のページに「予定」としてフリクションで転記した。
そして、毎日のページには、スケジュール開始時や終了後に「事績」として記入。右やスケジュールの余った欄には、思ったこと、ほしいもの、ToDo、見たこと、書いて忘れないようにすることなど、ぐちゃぐちゃルールを決めずに記入。

つまり、未来の管理というより、あったことの記録としての側面が強くなってきたのだ。

 

来年は、また週間ホリゾンタルタイプのダイアリーになる予定。

さぁ、どのように使っていこうか。