お江戸で3泊 1

f:id:rideinblue:20180204100810j:plain

いろいろ重なり、数日を東京で過ごしたという話。

朝まだ暗い6時に最寄りの駅を出発。さみぃ。
f:id:rideinblue:20180203053911j:plain

 

仕事はここ。

f:id:rideinblue:20180203090809j:plain

 

f:id:rideinblue:20180203134547j:plain
昼すぎに休憩。会場内は乾燥してるなぁ、ということで水分も補給。

 

夕方まで1日歩き回ってへとへとになったので、まずはチェックイン。

f:id:rideinblue:20180203171129j:plainf:id:rideinblue:20180203173904j:plain
これでもカプセルホテル。豪華だ。
ここを選んだのは大浴場があるから。
湯船につかって、風呂上がりにごろんとなったら、
動くのが嫌になってきて、だらだらしてしまった。

ふと見ると、7時をとうに過ぎている。
このままでは出かけずに階下のバーで終わってしまいそう。

今回は一人呑みを満喫する計画なので、
よいしょっと起き上がり出かけた。

 

行先は決めてある。

しかも、一番近い寿司屋。

f:id:rideinblue:20180203213723j:plain

店に入るとこじゃれた若めのカップルが1組。
雰囲気からすると飲み食いはすでに後半のようだ。

 

年配の大将と同じくらいの女性(夫婦かな?)が二人で切り盛りをしている。

f:id:rideinblue:20180203194201j:plain
ビールを頼む。 お通しが運ばれる。
あおさが美味しくて、ビールの途中でお酒とホンビノス貝を追加。

 

 

f:id:rideinblue:20180203194346j:plain
骨せんべいが来た。

 

f:id:rideinblue:20180203200212j:plain
ホンビノスも来た。
ちびちびとお酒を進める。

 

カップルが帰ってしまったお店、他に客はいない。

f:id:rideinblue:20180203201507j:plain
その後、アジア系らしき観光客グループが覗いてきたが、
大将は「ご飯がもうない」と断っていた。

ほんとはどうか知らないが、静かに飲みたい自分にはありがたかった。

 

ここに来た目的「セパレートちらし寿司」をいよいよ注文。

f:id:rideinblue:20180203201833j:plain
まずは2種のハタハタとお浸しが出てきた。
これは「セパレートちらし寿司」に付いてくるのだそう。

 

日本酒追加して突きながら待っていると、

f:id:rideinblue:20180203203030j:plain
まずは、ちらしの具の大半が、別に運ばれてくる。

さらに待つことしばし。。。

f:id:rideinblue:20180203203440j:plain
下の部分が到着。わりと時間かかってた。

ちらしの"上"とか"下"とかってあまり言わない気がする。

上:これだけで、相当飲めそうだ
下:ごはんが美味しく上がなくても満足

f:id:rideinblue:20180203210340j:plain

筋子も牡蠣も海月もありましたよ。


綺麗に平らげて、お腹もいっぱいになってお店を出た。

ぜひまた来ようと思う。
敢えて言うなら日本酒の品揃えかなぁ。

 

ふらふら歩いていると、趣のある路地を発見してパシャ。

f:id:rideinblue:20180203213923j:plain
翌朝横を通ったら全然きれいじゃなかった。
都会の夜は不思議だ。

 

82は賑わっているな。

f:id:rideinblue:20180203231254j:plain

f:id:rideinblue:20180203220045j:plain
一人ケイタイをいじりながらちびちび呑む。
・・・楽しい。

f:id:rideinblue:20180203223922j:plain
ビールとなんだったか、計2杯。
 

ホテルに戻って、酔い覚ましに風呂に入っておしまい。

疲れのせいなのか、翌日にお酒が残ってしまった。