読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽井沢3

f:id:rideinblue:20160917120345j:plain

朝、起きると雨は止んでいた。窓から見える森の緑が絵画のようだ。

朝食前に万平ホテル1Fの資料室を覗く。

昔の様子がわかる写真や資料が飾られていた。

f:id:rideinblue:20160917120336j:plain

f:id:rideinblue:20160917120335j:plain

 

朝食は迷った末に洋食をチョイス。

f:id:rideinblue:20160917131350j:plain

f:id:rideinblue:20160917131351j:plain

f:id:rideinblue:20160917131352j:plain

奇麗な食器で奇麗なお庭を眺めながらの朝食は美味しい。

 

 

フロントがある本館は昭和11年から使われている建物、時間がゆっくり流れている。

f:id:rideinblue:20160917122756j:plain

時間によりカフェやロビーには物見遊山の観光客も多いが、

それでも新しい建物にはない落ち着いた雰囲気が包む。

f:id:rideinblue:20160917122755j:plain

f:id:rideinblue:20160917122754j:plain

江戸時代の旅籠「亀屋」は明治に亀屋ホテルとなり、
やがて萬平ホテルと名を変えていく。

踊り場の窓ガラスの亀はその歴史を伝えている。

 

10時チェックアウト。 

天気は晴れてはいないが、雨はもう降らないようだとフロントの女性が言う。

天気もわからなかったので今日の予定は決まっていなかった。

取り敢えず雲場池へ向かうことに・・・ 

f:id:rideinblue:20160917122758j:plain

f:id:rideinblue:20160917122759j:plain

ザ・軽井沢という落葉松林の道の写真をもっと撮ってみたいね。

 

f:id:rideinblue:20160917122800j:plain

前回訪れたのは11月だったので紅葉がきれいだった。

何もないこんな時期はどうかと思っていたが、池の周りの緑はきれいだった。

 

 

そしていつものスーパーツルヤへ。

f:id:rideinblue:20160917122324j:plain

あいかわらず凄い品揃えだ。

f:id:rideinblue:20160917122325j:plain

ツルヤオリジナルのジャムや漬物、軽井沢ビール、パンなどなんだかんだとたくさんの買い物をした。

 

ホテルでググっていて見つけた軽井沢発地市庭は新しい直売所。野菜を少々購入。

直売所の他、ビュッフェバイキング、アトリエドフロマージュのカフェ、ちかくの豆腐屋さんのドリンクスタンドなどが併設されている。

f:id:rideinblue:20160917122750j:plain

飲む豆腐のドリンク。

 

昼食は釜飯に。

国道18号沿いの大きなおぎのや横川店ではなく、本店へ行ってみることにした。

f:id:rideinblue:20160917122801j:plain

果たして、おぎのや本店はJR横川駅前にこじんまりとしてあった。

ここも昔からの佇まいを残しているのだろう。

佐久や諏訪のお店からは想像できないオリジナル的素朴感。

 

f:id:rideinblue:20160917122802j:plain

メニューも釜飯が中心。カツ丼や玉子丼もあるけど、地元の人が頼むのかな?

1000円に味噌汁150円を追加した。

 

f:id:rideinblue:20160917122803j:plain

温かい峠の釜飯は初めて食べるかもしれない。昔の記憶より美味しい。

 

f:id:rideinblue:20160917122804j:plain

道向いには資料館があり、賑わった頃の鉄道の写真も多く飾られている。

 

f:id:rideinblue:20160917122752j:plain

藤岡SAは道の駅と共有。

 

f:id:rideinblue:20160917122753j:plain

谷川PAが綺麗になっていた。

帰りの高速は眠くて眠くてしょうがなかった。

歳を取るごとに長距離運転ができなくなってくる。

チャリなら1日中走れるのに・・・・おかしいな。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする